多くの方が利用する住宅ローン。長期の支払いが続くだけに、当初の計画が重要です。

昨今の不景気などで、
住宅ローンを返し続けることが困難になってきたという方が増えてきました。
それに伴い、ハウスブリアンにも
住宅ローンに関してお問い合わせをいただくことが多くなってきました。
ここでは、住宅ローンの返済が滞る理由や、よくある疑問について触れていきたいと思います。

なぜ返済が滞るのか?

収入に見合わない返済計画を立ててしまう

収入に見合わない返済計画を立ててしまう

夢のマイホームが実現すると思うと、多少無理をしてでも手に入れたいと願うのが心情です。
返済計画を立てる際にも『なんとか払っていけるだろう』と楽観視してしまう傾向にあります。その結果、自身の収入に見合わない返済計画を立ててしまうことが多いようです。いざ、毎月返済が始まると、やはり少し苦しかった…と気づくのですが、もう後の祭り…。

病気やリストラなどにより世帯主が働けなくなった

病気やリストラなどにより世帯主が働けなくなった

一家の大黒柱が病気にかかる、またはリストラの対象者となって会社を退職せざるを得なくなった場合、収入減に加え、子供の成長と共に教育費が増えてきたり、医療費がかさんできたりと、当初の計画とは全く異なる状況に陥ってしまいます。
当然住宅ローンの支払いも困難になってきます。

離 婚

離 婚

住宅ローンの支払いに支障をきたす収入減の要因として、離婚もその一つです。共働きだった夫婦が離婚すれば収入は半減。また、家を出た夫がローンを支払い続ける約束をしても、夫自身の住宅費や子供の養育費などが負担となり、住宅ローンの返済にお金が回らないケースも考えられます。

本来、住宅ローンの返済方法について、離婚前に夫婦で取り決めをしておくべきなのですが、詳細な取り決めをしないまま、ローンが支払えなくなってしまったというケースが増えてきました。
特に購入時に収入合算をしていた場合、ローンの契約者は夫一人でも妻が連帯保証人になっています。夫がローンを滞納した場合、妻に請求が回って来ますが、妻側も払える余裕がなく返済不能になるケースも多く見受けられます。

ここで注意してほしいのは、離婚しても住宅ローンの名義や保証人の返済義務が変更されたり解消されたりするわけではないということです。そのため、離婚の際は、財産分与などの話し合いの中で誰が住宅ローンを支払うのか、保証人の有無やローンの支払いが苦しくなったときの対処法などもしっかりと確認をしましょう。

住宅ローンが払えなくなったらどうなるの?

5つの疑問

すぐに退去しなくちゃいけないの?

すぐに退去しなくちゃいけないの?

住宅ローンが払えなくなったとき、真っ先に心配になること。
でも大丈夫、即刻退去とはなりません。住宅ローンの返済猶予期間は3ヵ月から1年ほどあります。意外と猶予期間が長い気がしますよね。
でも3ヵ月ほど過ぎると、ほとんどの場合、融資先の金融機関から残りのローンをまとめて返済することを求められます。つまり、3ヵ月以内の滞納でなおかつ、3ヵ月分の料金を支払えば穏便に済ませてくれたところが、3ヵ月を越えると「貸していた分全額払ってください」ということになるのです。
3ヵ月~1年という猶予期間は今まで通り、月々の分割で支払いができる猶予期間ではないので注意が必要です。

滞納しても半年後のボーナスでまとめて支払えば大丈夫?

滞納しても半年後のボーナスでまとめて支払えば大丈夫?

半年後のボーナスをあてにしたところで、上記のように3ヵ月滞納後、残金を一括で支払わなければならない状態になってしまっているかも…。
「半年後のボーナスで住宅ローン問題を解決しよう」とするのは間違いであることが分かるでしょう。

金融機関に相談できない?

金融機関に相談できない?

融資を受けている金融機関から住宅ローンの督促の連絡が来るまで、金融機関に相談して解決しようと思わなかった、という方も多いようです。でも、これはとてももったいないことです。
滞納した後では債務者の信用は失われているため、取れる対策は限られてしまいます。しかし、滞納前であれば、ローンの借り替えや返済プランの変更など、様々な手段を講じることが可能です。住宅ローンを滞納する可能性が出てきた時点で、まずは融資元の金融機関に相談しましょう。

1回でも遅れたらブラックリストに載ってしまう?

1回でも遅れたらブラックリストに載ってしまう?

住宅ローンは滞納しないに越したことはありませんが、1回の延滞ならそうそう信用情報機関に事故情報として載せることはないので、大丈夫だと考えられます。
例えば、今あなたが金融機関からお金を借りたとします。返済が一定期間滞ったら、金融機関に登録されているあなたの情報が、信用情報機関に事故情報として記載されてしまうのです。その状態で、他の金融機関から融資を受けようとすると、「この人は、別のところでローンを滞納しているからお金を貸すのは止めよう」と金融機関が判断します。これを、俗に「ブラックリスト」と呼んでいるのです。
このように、ブラックリストに載るケースは、一定期間以上ローン返済が滞った場合が多いといわれています。

金融機関が勝手に家を売り出してしまう?

住宅ローンの支払いが滞ると、大きく分けて3つの段階で手続きが進みます。

金融機関が勝手に家を売り出してしまう?

  • 1. 金融機関から返済を求められる段階
  • 2. 滞納から数ヵ月ほど経過し、金融機関から家の売却を勧められる段階
  • 3. 滞納から半年以上過ぎて競売にかけられる段階

このうち、金融機関が勝手に家を売り出してしまうのが 3. の段階です。所有者は、それ以前であれば自分で家を売って借入残高を一括で返済することもできるのです。住宅ローンの支払いが滞るのと同時に、金融機関が勝手に家を売り出すことはないですが、3. までの期間に解決策を見つけることが重要です。

その他にも様々な疑問があると思いますが、住宅ローンを滞納した時の取り決めは、金融機関と交わした「金銭消費貸借契約書」に詳しく書かれています。すぐに最悪の事態になるわけではないとしても、問題を先送りにしていると、どんどん厳しい状況に陥ってしまいます。住宅ローンを支払い続けることが難しく、金融機関に相談しても解決しなかった場合、残念ですが家を手放すしかありません。

しかし、ここで問題になるのが 住宅ローンの残債額 です。

売却できるであろう相場の金額よりも、住宅ローンの残債額が上回っていたら?

売却した金額でも足りない分は、自分で現金を捻出しローンを完済するしかありません。

では現金が用意できない場合は…?!

通常での売却は難しく、最終的な解決策は、「競売」か「任意売却」しかありません。

まずは自宅の査定をお願いし、住宅ローンの残高と比較してみましょう。

もしもローン残高の方が上回っていたら…

競売にならないよう早めに任意売却の相談をするのがベストです。

任意売却とは

住宅ローンなどの融資を受けて家を購入したが住宅ローンが払えなくなったというとき、競売入札になる前に融資を受けた金融機関との合意に基づいて、所有者自身の意思で売却する手続きのこと。

任意売却について

ページトップへ戻る